月別アーカイブ 2017年4月

前日は本当に眠かったと未だに思います。スパイのおしゃべりで

それにしても、きのうは本当に眠かったのを覚えています。
眠気が強すぎて、持ちこたえられませんでした。
なんせ、スパイの声明を延々と貫くメールで、まあなんだか面白い点もありましたけれど、基本的には無視していれば締め括るだけの声明のように当てはまるのですね。
それよりも、今の将来を生きようとしていた事業なので、もうスパイは関係がないと思っていました。
それで寝てしまったのですが、思い返す事もあって、ちょっと頭にきたのも事実ですね。
まあそれでも、みんな今は収まっているようにも思えますし、良いのですけれど。
次、14ヶ月、やる事はやって、それで大団円といつも考えています。
でも、スパイといる時、何だか凄く自分が強かったように思えたのですが、これがずっと貫くような元気だったら、至福だったろうなあと思っているのは、土産の美化でしょうし、実績は実質あんなでしたからね。
今考えると頭にくることがほとんどでしょうか。
どうでもいいですね。関係がないだ。

続きを読む

設備に入る視力を失うと考えるとそれ程持ち味が見えてこない

老後のそれぞれと、自分にほしい美術というものを、凄く感じる事があります。
事柄に現金というより、大枚というのは、それ程ほしいものでもなくて、屈強は実のところほしいとしていますが、考えてみると、緑内障にでもなったら、それぞれは書道なんて言ってもいられませんし、時世を重ねて出向くというのは、結構つらい事なのだなあというようになりました。
勿論、年をとるエンターテイメントも、キャラクターにはあるようにも思えます。オヤジのエンターテイメントもやはりあると思うのですが、時世を取って、病になってきた折、果たして老眼になった折、自分の目は見えているのだろうかと考えると、あんまり、自分にとって、美術も他の何かもそれ程、幸せの関連になってくるかというと、お尋ねではありました。
それぞれは弱視になってしまったら、やっぱり建屋に入るであろうなと考えています。
糖尿がすすむ中で、視力の事で、建屋に入って要る人も沢山いるのではないでしょうか。老後を考えると、それ程、今やっている点の特長が見えてきません。

続きを読む

赤ん坊の事で大変けど母体も大変です

幼児が生まれてから復職を考えるもあんな余裕がなくなってきた。
一般から見れば育児だけでしょ?とか思われてそうけどそうじゃないんだよね…。実際。
民家のケアとかあるし。
幼児が嫌いとかないけどさ情報とかで見るとなんでだろとか感じ取る。幼児って面白いのにさ。確かに涙したらなんで?とか想うだろうけど赤ん坊は泣くのが労働なのさ。
上、主人とかの肩入れ結構必須というかかなり大事。本当に。
主人だけ打ち上げ行ってたりするとちょっとイライラするけど…。だってマミーだって息抜きしたいよね。配達したり献立したりさー。そういったとこは家族で助け合うの必要だと想うなぁ。 市役所とかあんなとこでいろいろあるだろうけど行きたくない人物も結構いるとおもう。私もその自ら。ドラマとかでよく暴行とかあるし。あー言うドラマやめてほしいわ。実際家とかであるんだろうけどね。
嫌いなのは聞き流す。
私のもっとー。

続きを読む

清和大学ってと見ていたら部長かという携帯が

何かと調べていたのですが、ろくなのがないのに絶えるのが、土台だと考えられます。
その中で清和大学というのがありました。
何それと思っているのですが、千葉県の木更津市におけるキャンパスだそうです。
千葉ってそんなキャンパスが、特に多いように思えるので、某なあとしていたら、呼出が鳴りました。
これは部長が来るなと独自は直感的に、判断しました。
その内草を刈る会話だとかして来るから、自室にいないといけないのですが、片付けていればいいだろうという風には、やはりならないのでしょうか。
おやじのインスピレーションは、やはり引っかかるものがありました。
その内、管理人の小児ので、独自をお叱りの対象になるやもしれません。
まあ文句を言うだけで、リストラになるは、今まで一回もなかったのですけれどね。
それはさておき、朝から私の障りをしないでほしいとつとに思うのですが、それがこういう稼業の後ろ向きな現実といえると思いますね。迷惑な話です。

続きを読む

清和大学ってと見ていたらチーフかという通話が

何かと調べていたのですが、ろくなのがないのに尽きるのが、真実だと考えられます。
その中で清和大学というのがありました。
何それと思っているのですが、千葉県の木更津市におけるユニバーシティだそうです。
千葉ってそんなユニバーシティが、特に多いように思えるので、某なあとしていたら、コールが鳴りました。
これは部長が来るなと当人は直感的に、判断しました。
その内草を刈る呂律だとかしてしまうから、自室にいないといけないのですが、片付けていればいいだろうという風には、やはりならないのでしょうか。
お父さんの直観は、やはり接するものがありました。
その内、ハウスキーパーの娘ので、当人をお叱りの対象になるやもしれません。
まあ文句を言うだけで、解雇になるは、今まで一回もなかったのですけれどね。
それはさておき、朝から私の妨害をしないでほしいとつとに思うのですが、それがこういう勤務の後ろ向きな現状といえると思いますね。迷惑な話です。

続きを読む

人間はおんなじものではないかというのは、ごく当たり前です

今期だけはどうしても無理よね。
今年は、オンラインの内職で、水準と書いてありましたが、本当にそうで、それと借入を、ほぼゼロにしておかないといけないのですね。
翌年春には、ゼロにしておかないと、何かとまずいわけです。
あたいは他人とはいえ、習志野市在住のF書家氏の考えの感じが、結構フェチだったりします。
知的障がいの方に書道をって、それの見解どうして浮かんだのでしょう。
かなり深い実例まで話していましたし、勿論、近くにいる詐欺っぽい某(元仲良しだ)ではなくて、それなりにしっかりした他人でした。
母親って結婚式出来るから、それは羨ましいよなと思った経路でした。
あの人は最適他人だと、あたいは思っていますが、この前ボブディランが、フォークの神と呼ばれていますが、との問に、「こちらは神ではありません。普通の人材だ」と答えたまま、誰だっておんなじ人材なんですよね。
それは当たり前ですけれど、それはいつ見てもニアミスのある取材だ。

続きを読む

人は人、第三者は第三者っていつも思わないといけない

ちょっとくらい事を、食事を取りながら、思い出していました。
よく不純物を言われたっけに関してですけれどね。
どれにしても、厳しい人が多い各国で、よく皮肉を言われたっけなあと思い返していました。
その人たちとの交流がなくなればいいなは思っているのですが、その人たちがいる以上、単独って貫くのだろうなと思っています。
暗くなっていましたが、単独は自分でやっていこうと思い、それで頑張ろうとしている。
最初は笑顔で来てくれたのですが、段々皮肉が多くなり、笑顔でいじめられたような記憶があります。
これはきつかったけれど、単独は応戦出来ない者だったので、今は忘れようとしている。
時たま、仕損じることがあるのですよね。
この人によって、とそうではないのですよね。この人のおかげで、単独はこう見て取れるのだと思ったほうがGoodだと思うんです。
単独は単独、第三者は第三者、完全みたいとしている。
他に何も突きつけるアイテムなんてないか。

続きを読む

人として一番持っておかなければならない物品

我々がむかし働いていた店舗で初めて代表と会ったところ言われた物言いだ。初めて出社したお日様に、我々を含む初心者働き手たちに代表があんなクエスチョンを通じてきました。「あなたが社会人として成功するためには何が一番必要だと思いますか?次の3つのうちから選んで下さい。内瞳はパワー勢力、2つ目はスピリット、3つ目はマグレ」。その中で一番多い正解がマグレでした。やっぱりマグレがないと容積とかだけでは無理でしょうとほぼ皆答えていました。しかし、代表の答弁は、パワー力でもマグレでもなく、一番必要なものはスピリットと答えました。その理由は、「どれだけパワー勢力が優れていてもスピリットがなかったら誰もついて来てくれないし、周りは離れていってしまう。マグレは費やすとそれで終わりだ。しかし、スピリットが良いお客は一丸から愛され必要とされます。だからあなたもスピリットのある適切大人になってください」。その物言いを受けた頃凄く納得しました。我々が学生時代野球を通じていましたがその時にいた1人のプロは馬鹿うまく、グループで一番の主流でした。しかし、その人は凄く自己流で部員からあまり好かれていませんでした。私もそのプロのことは最後まで尊敬することが出来ませんでした。我々は今でもその代表の物言いを信じて自分もスピリットが良いと思われるように努めています。

続きを読む

情愛があった世の中、よくPCでタイピングを通じていました

ゆかりはありませんが、ミスタイピングを絶やす事が、実はタイピング調子を売るキーポイントですと、改めて感じています。
ゆっくりでも、考え違いがないように、敢然と打って出向くのが一番良いと思えます。
そのために、ある程度入力していると、まるで端末と方法が一体化するように言えるのも理解してもらえるのではないかと思っています。
昔の端末部で、本当にタイピングを通していたのを覚えています。
今のようにアプリケーションやら、整っていなかった時代に、ひたすらタイピングを通していましたが、そういったレクレーションがあったわけでもなくて、本を書いていたのですね。
それで考えながら、入力していって、作品が出来た状況って嬉しかったですね。
本って、当時びいきだったイリュージョンものを自分で考えて作っていたのですが、端末には疎かったのですが、書いていて楽しかったというダイアリーはあります。
因みに一太郎で書いていました。
あの時折愛情があったと思いますね。

続きを読む

女子の話を聞いて、うーむという我々でしたがそれはそうです

こたちゃんの、鼻をずずっとすする会話が、女子には可愛くて仕方がないようです。
小さな子を使うように、こたちゃんに優しくしていらっしゃる。
しかし、題は元離れた妻の相談になったのですが、その前に女子の相談になっているのですが、ハイスクールの学歴を詐称しようとして、何かと聞かれて、自分の女子の事を「お母さま」といったのだそうです。
側がひくので、やめたらしいのですが、当時は、短大って、最適機能になった物質だったのですね。
だから、元の妻の嘘というのが、自分が嘘をついているだけに、見破るのも、非常に簡単だったはよく聞く相談でした。
実際、元の妻は、今は女子と仲の悪い某くんとも、よく周遊に行こうと誘っていたのだそうですが、近所が沢山いるのに、なんで亭主の女子や、亭主の女子の近くと周遊にいざなう婚姻前の子どもがいるのかと、はっきり見抜いたと話していました。
今は分からなくても、何年か経てば、分かった事、誰からも頼みされなくなるとは話していました。

続きを読む

▲ページトップに戻る