暮らし指南という事を外国でも考えていました

本日、いつだろうと思ったら、もう九うちでした。
これから、充電して、それからいそいそとやる事をやるのだなと思っています。
薬は残っていたかなと思うのですが、うちだけかけてはいけない一品もあるので、それはちゃんと服薬していないといけません。
飲まないと、首の引き付けですとか、ひどくなってしまいますので、タクシー使ってでも、医者には行くべきです。
セルフって結構、極端な進め方をしているのかという事もあります。
もっと気楽に考えるといいとは思うのですけれどね。
ふっと思いましたライフ指南なのですが、韓国ですとか中国、よくある台湾などでも、ライフ指南ってあるのでしょうかね。
だったら、その辺なら日本にもすぐ帰ってこれるものですし、やってみたいは思っています。
台湾なんか物価は高いは思いますけれど。
ライフ指南って、日本にいると、なじみがありますが、若い年が多い世界中だと、逆に若い人向けの何かを発信しているのかもしれまんせんね。

▲ページトップに戻る