某と接していたチャンスってそれ程長くはないハズ

あの人は、層の開き、10年齢くらい離れているのですが、よく話していたカタチでした。
下テーマが当時は多かったような気がします。
血圧と血糖価値が高い見本で、何故か急にキレて、一々頭を下げていたのですが、今でもやりそうな思いはいます。
あの人も、例の元妻のイメージで、もう巡り合う事もないのでしょうかね。
元来、某が自己を嫌っているとは言っても、そんなに某も長くここにいたわけではないんですよね。
考えてみると、自己それ程、積極的に、何かに参加していたわけではないと、ふと気が付きました。
確かに悪評は続いて、ここにはいられないのかもしれませんが、それにしても、筋道を変えると、形相を見ただけで、うっと胃が痛くなるようなやつが増えたように思えます。
えてして、知的ジャンルのやつが多くなったような思いがしました。
そうかと、某も、まあ長いといえば長いですが、はっきり言って、自己と会った事業ってそれ程なかったので、なんだったのかというくらい疎遠だったと気が付きました。

▲ページトップに戻る